ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン(根岸正人社長、ウォッチガード)は、9月4日、マイクロソフトのWindows Azureクラウドコンピューティングプラットフォームに対応した初の統合脅威管理(UTM)ソリューションを発表した。

 ウォッチガードのすべての「WatchGuard XTMセキュリティアプライアンス」が、Windows Azure仮想ネットワークサービスへのVPNアクセスを完全にサポートするUTMソリューション。オンプレミスネットワークとクラウド環境を結ぶVPNトンネルを、迅速に、容易に作成することができる。

 すでに提供しているMicrosoft Hyper-Vサポート(Windows Server 2008 R2、Windows Server 2012、Hyper-V Server 2008 R2、Hyper-V Server 2012)とあわせて、ウォッチガードはハイブリッドクラウド対応のUTMソリューションを提供する唯一の企業となり、パブリッククラウド、プライベートネットワーク、仮想IT環境にわたって、安全でシームレスなデータアクセスを実現する。

 ユーザー企業は、ネットワーク、電子メール、ウェブ、コンテンツのセキュリティを網羅したウォッチガードの包括的でマルチレイヤの防御システムを活用して、安全なクラウドへのアクセスを実現できる。