ニュース

NTTソフトウェア、ファイル共有ソリューション「WatchDox」の日本語版を10月31日に発売

2013/10/09 18:39

 NTTソフトウェア(山田伸一社長)は、取引先へ送信する電子ファイルに印刷制限や有効期限などを設定し、送信後でも情報漏えいを防ぐソフトウェア製品「WatchDox(ウォッチドックス)」の日本語版を、10月31日に発売する。

 電子ファイルの保護と利用状況の追跡ができるファイル共有ソリューション。ファイルを暗号化するだけでなく、編集・印刷・コピー・有効期限などの制限を付与して保護するとともに、閲覧や転送など、ファイルがどのように利用されたかを操作履歴から追跡することができる。

 価格は、クラウドサービスの場合、最小構成(50ユーザー/300GBの記憶領域)で年120万円から。(ゼンフ ミシャ)
  • 1

関連記事

NTTソフトウェア、情報漏えい対策ソフトウェア「WatchDox」を発売

NTTソフトウェア クラウドを暗号化 「Salesforce」のユーザー企業に提案

NTTソフトウェア、10月1日にエンタープライズ事業部を新設、営業と開発を一体化

NTTソフト、メール誤送信防止ソフトが大容量ファイル転送に対応

NTTソフト、クラウド・セキュリティ製品のログ管理機能を強化

外部リンク

NTTソフトウェア=http://www.ntts.co.jp/index.html

セミナー情報


【2/15(水)オンライン無料開催】帳票DX DAY

帳票のデジタル化から始まるバックオフィスDX

× こちらから>>