インターネットイニシアティブ(IIJ、勝栄二郎社長)が、システムインテグレータ(SIer)などのパートナー企業と組んで、モバイル市場を開拓している。11月18日に東京・千代田で開いた記者会見で、パートナーとの協業に力を入れる方針を発表した。

 モバイル市場の開拓は、MVNO(仮想移動体通信事業者)への支援サービスを提供するMVNE(Mobile Virtual Network Enabler)事業強化の一環。NTTドコモのモバイル回線を再販やOEMのかたちでパートナー企業(MVNO事業者)に提供し、パートナーがユーザー企業に売り込む。

 IIJは、すでに大塚商会やリコーなど、中小企業向け提案に強いSIerと提携しており、自社の直販では手が届かない中小企業の獲得を図る。今後、これらの取り組みを強化して、法人向けクラウドサービス「IIJ GIO」などと組み合わせることによって、競合他社との差異を明確にする。

 サービス戦略部 の青山直継サービス企画1課長は、「クラウドとモバイル、通信端末の組み合わせで、ユーザー企業のニーズにワンストップで対応し、IIJの強みを発揮したい」とした。(ゼンフ ミシャ)

サービス戦略部 サービス企画1課長の青山直継氏