クオリティソフト(久保統義社長)は、PC&スマートデバイスセキュリティ維持・管理ソリューション「ISM CloudOne」に、仮想デスクトップ運用で課題となるリソース管理機能を追加した仮想デスクトップ(VDI)運用管理ソリューション「ISM CloudOne for VDI」を、12月27日に発売する。

 VDI環境の運用課題を解決するために、リソース監視機能を搭載。VDI環境を「全体」「個別」「時間帯」の三つの視点からモニタリングし、自動パフォーマンス診断によって性能低下時の原因を瞬時に特定する。これによって、トラブル時のメンテナンス工数を削減し、復旧時間を大幅に短縮する。

 現在の利用状況から追加できる仮想マシン数を算出するキャパシティプランニング機能によって、全社導入などのシステム増強時のサイジングをサポート。また、自動脆弱性診断機能によって、物理PC(Windows、Mac)やスマートデバイス(Android、iPhone/iPad)のセキュリティ管理だけでなく、仮想デスクトップも同様に一元管理して、物理・仮想の混在環境でも運用担当者のセキュリティ維持工数を削減する。