日立製作所(日立、中西宏明社長)は、1月16日、日立アドバンストサーバー「HA8000シリーズ」で、企業が利用するクラウドサービス基盤向けに求められる性能などを強化したエントリ/ミッドレンジクラスの新製品10機種を発売した。

 新製品は、従来比で処理性能を最大1.2倍に向上した最新のインテルXeonプロセッサ E5-2400 v2製品ファミリーを搭載し、ストレージ容量を約1.3倍にするなど、クラウドサービスやサーバー仮想化のシステム基盤向けに性能を強化した8機種と、インテルPentiumプロセッサ G3430を搭載した事務所や店舗などの拠点向けの2機種。クラウドサービス基盤に適した最新のサーバーOS「Windows Server 2012 R2」をサポートした。

 小規模な仮想化環境や物理環境での使用に適した「Windows Server 2012 R2 Standard」と、データセンター(DC)やプライベートクラウド環境など、大規模で集約率の高い仮想化環境に適した「Windows Server 2012 R2 Datacenter」の2ライセンスに対応。OSをサーバーにインストールした状態で提供するプレインストールモデルや、OSの入ったメディアをサーバーに添付して提供するバンドルモデルなどの形態で提供する。また、インストールや設定を代行するサービスを提供し、容易なシステム導入を実現する。

 さらに、サーバー管理ツール「Hitachi Server Navigator」の機能を拡充。オンラインから一括でログ収集できるようにしたことで、障害発生時のログ採取時間を短縮し、障害対応を迅速化するなど、運用管理者の負担を軽減した。

 代表機種の価格は、「HA8000/RS210」が41万2650円から、「HA8000/TS20」が34万5450円から、「HA8000/RS110」が15万7500円から、「HA8000/TS10」が11万5500円から。すべてOSレスモデル。