インターネットイニシアティブ(IIJ、勝栄二郎社長)は、シンガポールでクラウド型のサーバー環境を提供する「IIJ GIO Singaporeサービス」を、3月3日に発売する。

 国内で提供する「IIJ GIOサービス」で培ってきたクラウドの運用ノウハウを活用し、日本と同様の高品質のサーバー環境を提供するサービス。ユーザー企業のシステム要件に応じて、安定したクラウド基盤上で、豊富なサーバーラインアップと接続機能や運用監視サービスなどを組み合わせて、システムを構成することができる。

 サービスの提供に先立って、IIJはシンガポールのパヤレバ地区にデータセンター(DC)を開設。同時に、自社のバックボーンネットワークをシンガポールと香港に延伸した。

 日・英・米・アジアを大容量回線でつないだ高速バックボーンに直結したDCでは、ユーザー企業個別のIT機器を預かるハウジングサービスとして「IIJデータセンターサービス」とインターネット接続回線を提供。ハウジングのラックは「IIJ GIO Singaporeサービス」と接続でき、DC内の自社サーバー設備とクラウドを組み合わせたハイブリッドクラウド環境を構築することができる。(ゼンフ ミシャ)