インターネットイニシアティブ(IIJ、勝栄二郎社長)は、地方自治体のクラウド導入を支援する専任組織、自治体クラウド推進部を新設した。

 クラウドを導入する際の評価環境の提供や導入事例の紹介、技術的な疑問を解決する「クラウド導入相談会」の開催などによって、導入の不安やさまざまな障壁の解消を狙う。自治体がクラウドサービスを利用しやすくして、クラウド活用の普及を促す。

 自治体クラウドは、地方自治体の情報システムをデータセンター(DC)に移して、複数の市町村がシステムを共同で使うことができる環境、またはその環境をつくる取り組みを指す。IIJは、災害対策にDCを活用して行政情報を保全する環境整備の必要性が再認識され、クラウド導入を検討する自治体が増加しているとみている。(ゼンフ ミシャ)