ハンドリームネット(朴明浩社長)は、ウイルスの拡散を防止するセキュリティアプライアンス「SubGate」の最新版「SG2100シリーズ」を、2月5日に発売した。

 「SubGate」は、ウイルスの感染活動の特徴をもつ通信のふるまいを瞬時に検知するセキュリティアプライアンスにL2(レイヤー2)スイッチ機能を搭載し、クライアントに最も近いLANスイッチで疑わしいクライアントを自動的に遮断することで、LAN内のウイルス拡散、感染したクライアント経由での情報漏えいを防止する。

 「SG2100シリーズ」では、PoE(Power over Ethernet)の1ポート当たりの給電能力を従来の15.4Wから30Wに向上。アップリングポートのスピードを従来の1Gから10Gに向上するなど、より多くのユーザーのシステム要件に対応できるようになった。Ethernetポート数やVoIP/無線アクセスポイントへの対応の有無によって、全部で6モデルをラインアップする。

 ハンドリームネットは、ネットワールド、富士通エフサス、大塚商会、サイバートラストなどの販売パートナーとの協業で、クライアントを直接接続するアクセスネットワークのセキュリティ対策の有効性をアピールし、「SG2100シリーズ」の販売を強化することで、初年度2000台(新規ユーザー100社)への販売を見込んでいる。

 顧客のネットワーク環境で、LANスイッチを「SubGate」に入れ替えるだけで即座に既存の脅威を検知することができ、導入の成果や運用のしやすさを実感できることから、無料貸出し機の提供も積極的に行っていく。