エス・アンド・アイ(藤本司郎社長)は、独自に開発した「携帯端末への発信者情報表示システムおよび発信者情報表示用プログラム」に関する特許を取得したと発表した。

 今回取得した特許は、通信事業者との連携なしに、PBX経由で転送を受けた携帯端末(スマートフォンまたはタブレット端末)で発信者情報を表示するための技術。外線からの着信をPBXで公衆電話網上の携帯端末に転送する際、転送動作に先行してパケットで携帯端末に発信者番号を通知することによって、携帯端末上にはPBXの契約回線番号ではなく、元の発信者の電話番号を表示する。

 この特許は、いつでも、どこからでも携帯端末から会社の固定電話番号での発着信ができるFMC(固定電話と携帯電話の融合)ソリューション「uniConnect」の基幹技術となる。

 「uniConnect」の導入企業からは、着信時に相手を確認して電話に出られるという安心感、さらに移動中や会議中などでやむを得ず電話に出られないときにも、着信履歴に残った発信者情報から折り返しの電話がかけられるという点に関して、ビジネスには欠かせない機能として評価されているという。このほか、複数の法人向けFMCサービスにもこの特許技術が採用されている。