セキュアソフト(姜昇旭社長)とラック(高梨輝彦社長)は、企業のセキュリティ対策やサイバー攻撃などによる不正侵入防御と両社の事業拡大を目的に、販売・技術協力契約を締結した。

 契約にもとづき、ラックは「JSOC セキュリティ監視・運用サービス」の対応機種にセキュアソフトの不正侵入防御システム「SecureSoft Sniper IPS」を加え、5月から国内とアジアで提供する。今後、両社は協力体制を築き、幅広いユーザニーズへの対応を図ることで高品質なセキュリティソリューション開発とサービス提供を行う。

 両社は、日本国内ユーザーの拡大のほかに、海外への展開も予定。当初の対象地域はアジア圏と米国で、各国で新規ユーザーの獲得を目指す。

 5月24日には「SecureSoft SECURITY FAIR 2013」を共同開催。基調講演では、セキュアソフト SniperCERTのソン・ドンシク所長が、3月に韓国で発生した大規模サイバー攻撃事件をテーマに、日本ではあまり知られていない最前線からの生の声を伝える。また、それを受けた日本の現状については、ラック サイバーセキュリティ研究所の伊東寛所長が、陸上自衛隊のサイバー戦部隊、システム防護隊の初代隊長の経験を踏まえ、日本国内で起きているサイバー攻撃の最新事情を解説する。

 このほか、「SecureSoft Sniper IPS」の豊富な知見と運用実績、運用ノウハウをもつラックのMSS(ManagedSecurity Service)によるサービスメニュー「JSOC MSS for SecureSoft Sniper IPS」を発表する。