NEC(遠藤信博社長)は、5月9日、ファイルサーバー内の不要ファイルの検出や整理を支援するソフトウェアの最新版「NEC Information Assessment System V3.1(NIAS V3.1)」を発売した。

「NIAS V3.1」管理画面のイメージ

 各拠点に分散して配置した複数のファイルサーバーを各拠点の管理サーバー上で集計分析し、この結果を一台の統合管理サーバーで集計・閲覧することができる。これによって、管理するファイルサーバー容量を従来比20倍の1PBまで拡大し、大規模ファイルサーバーの統合管理を実現する。また、管理サーバーからインターネット経由で各拠点のファイルサーバーに接続して集計する従来の構成と比較して、集計結果表示までの速度を約10倍高速化した。

 画面デザインを一新し、操作性・視認性を大幅に向上。運用管理ソフトなどの経験が浅い利用者でも、マニュアルなしで直感的に利用できる。また、最も効果が高い整理条件を推奨する「おすすめ整理」機能を新たに搭載し、削減効果や前回検査時からの差分(容量、問題のあるアクセス権)などをワンクリックで確認できるアシスト機能を充実させた。

おすすめ整理機能のイメージ

 なお、アクセス権限設定やクォータ設定などのファイルサーバーの割当て業務を大幅に効率化する「リソース管理オプション」を新たに発売する。フォルダの新規作成から、利用容量を設定するクォータ設定とアクセス権限割当てまでの一連の業務を「NIAS V3.1」から一元的に管理できる。さらに、「NIAS V3.1」の管理画面から直接Active Directoryのユーザー・セキュリティグループの新規作成や修正もできる。

 税別価格は、「NEC Information Assessment System V3.1」が50万円から、「リソース管理オプション」が50万円から。出荷開始は5月30日の予定。