ニスコム(尾上卓太郎代表取締役)は、6月16日、分野特化型クラウド導入支援サービス「OptiClouds(オプティ・クラウド)」を開始した。第一弾として、科学技術計算向けHPC(High Performance Computing)クラウドの導入を支援する「OptiClouds for HPC」サービスと、クレジットカードのセキュリティ標準であるPCIDSS(Payment Card Industry Data Security Standard)に準拠するIT基盤のクラウド化を支援する「OptiClouds for PCIDSS」サービスを提供する。

 「OptiClouds」は、既存IT環境の現状分析から、最適なクラウドリソースの選定、システムデザイン、実装、構築支援までを顧客専任のアーキテクトが一貫してサポートする。オプションで、ニスコムが培ってきたデータセンター運用業務を活用した運用支援サービスを提供する。

 また、システム状況、ジョブの投入、システム構築の管理、リソース利用時の予測コスト把握、ファイルのアップロード/ダウンロードを統合した専用設計のクラウド管理ポータルツール「OptiClouds FrontGate」を提供する。

 さらに、パブリッククラウドリソースを用途や予算に合わせて柔軟に選択できるようにして、顧客に提案する。とくに「OptiClouds for HPC」は、Windows ServerのHPCの利用で、日本に2か所のDCを保有し、信頼性の高いMicrosoft Azureと、サーバーの占有利用もでき、高い演算能力とカスタマイズ性をもつベアメタルサーバーを展開できるIBM Softlayerを中心に、複数の国内外のパブリッククラウドサービスから顧客のニーズに合わせて適切なクラウドリソースを提案する。

 インフラ構築の支援だけでなく、主にオープンソースの運用監視ツール、バッチジョブスケジューラ、セキュリティツールなどのミドルウェアの基本設計と導入支援サービスも提供する。顧客がすでに使用しているツール群と設定のクラウド移行についても対応し、構築後、すぐに使える環境をつくる。