カシオ計算機(樫尾和雄社長)は、タイ・バンコクに販売子会社としてカシオマーケティングタイ(新庄宏至代表取締役)を設立し、9月1日に営業を開始する。

 カシオ計算機は、ASEAN地域での販売を拡大するために、2001年にシンガポール、11年にインドネシア、14年にマレーシアと営業拠点を拡充。タイは、これまで販売代理店を通じて腕時計「G-SHOCK」などの製品を提供してきた。

 新会社は、販売代理店との協力関係を強化しながら、タイ国内での時計や電卓、電子楽器、デジタルカメラ、データプロジェクターなどの電子機器の販売・マーケティング活動を推進する。資本金はカシオ計算機の100%出資で1億バーツ。従業員数は5人。カシオ計算機は、15年度(16年3月期)にタイ国内で50億円の売上高を目標に掲げる。ASEAN地域全体では、売上高300億円を目指す。(上海支局 真鍋武)