日本システムウエア(NSW、多田尚二社長)は、ドキュメント指向データベース「MongoDB」の取扱いと関連サービスの提供を9月1日に開始した。

 「MongoDB」は、オープンソースのNoSQLデータベース。プロトタイプの構築が従来のデータベースと比べ圧倒的に速く安価なこと、小規模構成で構築しても高い拡張性を有すること、他のコンポーネントとの連携が容易なJSONデータモデルを採用していることなどから、ビッグデータ分析基盤として注目されている。

 NSWは、「MongoDB」のサブスクリプションライセンスの提供、また導入時のコンサルティング、システム構築、運用の各種サービスを提供し、ビッグデータ分析基盤を構築する顧客にワンストップで技術支援を行う。

 「MongoDB」関連サービスは、オムニチャネルに対応したシステム構築を考えている流通・サービス業や、機器保守や障害予兆検知などのIoT(モノのインターネット)/M2M(マシン・トゥ・マシン)の分析エンジンとしての活用を検討している製造業などが対象。NSWは、今後2年間で10社の導入を見込んでいる。