NTTコミュニケーションズ(NTT Com、有馬彰社長)は、9月11日、本田技研工業(ホンダ、伊東孝紳社長)が大容量データをグローバル規模で共有・加工するための基盤を、クラウドサービス「Bizホスティング Enterprise Cloud」上に構築したと発表した。

 構築した基盤は、世界6極にあるホンダの各拠点や、約1万社のサプライヤが製品や部品のCADデータなど、大容量データを高速に共有・加工して、地域ごとの製品開発・調達・生産をより安価・迅速に実現するためのもの。ホンダは、APAC地域での利用を想定して、2013年に日本とシンガポールで基盤の利用を開始し、従来利用していたサービスと比べて、年間コストを30%削減した。

 さらに、NTT Comの企業向けネットワークサービス「Arcstar Universal One」を活用することで、地域をまたぐ基盤間のデータの高速転送を実現。データの共有速度は、最大で従来比14倍に向上しているという。また、NTTの暗号要素技術「Camellia」によるファイル暗号化や、SSLによる通信経路の暗号化を一元的に適用することで、グローバルレベルでのセキュリティポリシー標準化を実現した。ホンダは、今後、他地域での利用も検討している。