コンピュータソフトウェア協会(CSAJ、荻原紀男会長)は、「パッケージソフトウェア品質認証制度(PSQ認証制度)」で、クラウドから提供されるソフトも対象にすることを決定した。

 PSQ認証制度は、国際規格「ISO/IEC 25051」に準拠した評価基準に基づくソフトウェア品質の第三者適合性評価で、2013年6月に始まった。ISO/IEC 25051が今年2月に改正されたことを受けて、PSQ認証制度の内容も変更。クラウドサービスを対象にした。CSAJは、本格改定を前に新評価基準のβ版によるトライアル評価を開始する。評価は、10月から12月末までの間で合計8製品を対象にする予定。(木村剛士)