富士通システムズ・イースト(石川享社長)は、2015年7月15日でのWindows Server 2003の延長サポートが終了するのに伴い、顧客の要望に応じてサーバーの延命措置/移行対応を実施する「FUJITSU セキュリティソリューション Windows Server 2003向けEOS対応ソリューション」を、10月から提供する。

 Windows Server 2003の延長サポート終了に伴うさまざまな課題やリスクを解消する三つのソリューションパターンを用意。「ホワイトリストソリューション」は、既存サーバーにエンドポイントセキュリティソリューション「McAfee Application Control」をインストールすることで、動的なホワイトリスト管理を容易に実現する。ホワイトリスト管理によってセキュリティの脆弱性を保護し、大規模なシステム変更を実施することなく、現行OSを継続して使用できる。

 「アップグレードソリューション」は、ウェブサーバー、ファイルサーバーなど、サーバーの種類や状況に応じて、顧客の要件に合った移行方式、サーバー設置環境を決定し、最新OSにアップグレードする。同社のデータセンターにサーバーを構築した場合は、運用までトータルサポートを実施するホスティングサービスによって、顧客はサーバー(資産)を保有することなく、資産保持と同等の効果を得ることができる。

 「クラウドソリューション」は、Windows Server 2012のサーバーをパブリッククラウドまたはプライベートクラウド環境上に構築。富士通のパブリッククラウド「FUJITSU Cloud A5 for Microsoft Azure」環境に構築した場合は、24時間365日、日本語によるサポート対応など、安心で高品質のサポートを提供する。クラウド上に構築することで、ハードウェア導入費用を軽減。また、業務量に合わせたサーバー環境を容易に拡張できる。

 価格は、全サービス個別見積もり。富士通システムズ・イーストは、15年度末までに100社への販売を目標に掲げる。