NEC(遠藤信博社長)とエンカレッジ・テクノロジ(エンカレッジ、石井進也社長兼CEO)は、10月9日、セキュリティ分野で協業し、NECのクラウド基盤サービス「NEC Cloud IaaS」のID&アクセス管理サービスを共同開発したと発表した。12月に提供を開始する。

 ID&アクセス管理サービスは、ワークフローを利用した事前申請にもとづくID発行・管理、未許可アクセスの点検、システム操作内容の記録などの機能を提供するサービス。「NEC Cloud IaaS」のシステム運用者による情報漏えいや不正行為を未然に防止する。

 NECは、これまでも「NEC Cloud IaaS」のセキュリティ管理に、エンカレッジのID&アクセス管理ソフトを活用してきた。今回、NECの内部統制システム構築とセキュリティ専門部隊のノウハウ、エンカレッジのID&アクセス管理技術にもとづいて、「NEC Cloud IaaS」のID&アクセス管理サービスを提供することで、「NEC Cloud IaaS」利用企業・団体のセキュリティ・内部統制を強化する。

 税別価格は、1サーバーあたり月額5000円。NECは、今後、官公庁や金融機関をはじめ、高いセキュリティレベルを求める企業・団体を中心にサービスを提供していく。また、15年10月に英語版を提供するとともに、中国語、スペイン語などの他言語にも順次対応する予定。