ソフトバンク・テクノロジー(SBT、阿多親市代表取締役CEO)は、10月10日、マイクロソフトソリューション拡充の一環として、Active Directoryに対するセキュリティ診断サービス「Active Directory診断」の提供を開始すると発表した。

 Active Directoryサーバーと環境に対して、SBTのセキュリティ専任エンジニアがネットワーク経由とサーバーの設定情報の両面から問題点を検出し、対策を提示するサービス。実際の攻撃への耐性を内部と外部の両方から検出することで、セキュリティの観点から堅牢な社内システム環境の実現を支援する。

 従来の脆弱性診断で対応が難しかった「攻撃者視点」での診断によって、実際に侵入されてしまった後の影響範囲や、発生が想定される事態について、より詳細に可視化する。

 サービス内容や回数は自由にカスタマイズできる。価格例は、スポット対応(1回)/1ドメインコントローラー/100ユーザーまでの診断の場合、98万円から。