ソフトバンク・テクノロジー(SBT、阿多親市社長CEO)は、ウェブサイト改ざんなどの攻撃対策や内部者からの情報漏えいを防ぐためのセキュリティ要求に応え、データセキュリティのトップベンダーであるImperva Japan(Imperva、長坂美宏Japan General Manager)と販売一次代理店契約を締結し、製品の取扱いを開始した。

 取り扱うのは、WAF(ウェブアプリケーションファイヤーウォール)、データベース、ファイルサーバーに対するセキュリティ製品「Imperva SecureSphere」シリーズと、クラウドベースのWAF、DDoS対策サービス「Imperva Incapsula」。

 SBTは、セキュリティ対策製品の拡充によって、国内の企業セキュリティ、とくに今後成長が見込まれるデータセキュリティ市場の拡大をImpervaとともに目指す。また、これまで実績を積んできたネットワークセキュリティソリューションの付加価値をさらに拡大し、SBTの推進するオンラインビジネスやクラウド、ビッグデータなどの多方面のICTサービスと連携することで、安全性を確保した包括的な提案を行っていく。