日立製作所(東原敏昭社長兼COO)は、バッチ処理や機械学習などの高速化を実現する企業向けHadoopプラットフォームとして、高集積・省電力のエントリブレードサーバー「HA8000-bd/BD10 X3モデル」を製品化するとともに、Hadoopシステムに関するサポートサービスを強化し、10月16日に発売した。

HA8000-bd/BD10

 新製品は、ベースユニット(シャーシ)あたり従来の2倍となる最大160コアを搭載できるなど、処理性能を強化。Hadoopシステムでのデータ処理や分析をさらに高速化するとともに、Hadoopの商用ディストリビューションである「Cloudera Enterprise/CDH(Cloudera's Distribution including Apache Hadoop)」(Cloudera Enterprise)の最新版に対応したことで、複数のデータ処理を同一のHadoopシステム上で並行して実行できるようにした。

 また、ハードウェアとソフトウェアを含むITプラットフォーム製品の問い合わせにワンストップで対応するサポートサービス「日立サポート360」が「Cloudera Enterprise」に対応し、企業のHadoopシステムの構築・利用を全面的に支援する。さらに、Hadoopシステムの導入時に、システムの動作に必要なソフトウェアのインストールや個別設定などを行う「プラットフォーム設定サービス for Hadoop」のサポート対象サーバーに、新たに日立アドバンストサーバー「HA8000シリーズ」を追加した。

 税別価格は、「HA8000-bd/BD10 X3モデル」の2スロットブレードが23万2000円から、1スロットブレードが12万3000円から。「HA8000-bd用 5Uベースユニット(シャーシ)」が12万3000円から。「プラットフォーム設定サービス for Hadoop」が1万円/台。10月31日に出荷を開始する。