野村総合研究所(NRI、嶋本正社長)は、10月20日、グループ会社のノムラ・リサーチ・インスティテュート・アジア・パシフィック(NRI APAC、小竹敏社長)を通じて、フィリピンのITベンダー、N-PAX CEBU CORPORATION(N-PAX、Wilson Ng・PresidentCFO)と資本・業務提携することに合意した。

 N-PAXは2002年の設立で、従業員数は約90人。自社開発の業務ソフトウェアの導入・保守や、SI(システム・インテグレーション)、受託開発、アウトソーシングなどの法人向けITサービスを提供している。NRIは、NRI APACを通してN-PAXの株式の10%を取得するほか、NRI APACからN-PAXに対して非常勤取締役1人を派遣。これによって、フィリピンをはじめとするASEAN地域に向けたITサービスの提供を強化する。