大塚商会(大塚裕司社長)は、10月28日、スマートフォン活用による企業のワークスタイル変革を促進するビジネスフォンソリューションの提供を開始した。

 ソリューションでは、固定式電話機と併用しながら、自席に縛られない新しいワークスタイルを提供し、業務を効率化する。また、企業内に設置した無線LANによって、Wi-Fi電波の届く範囲内であれば、事務所に併設した倉庫・店舗などでも内線通話や固定電話番号での外線発信ができる。

 第一弾として、iPhoneを企業の内線子機として利用できるアプリケーション「スマデン for Aspire UX」を提供する。NEC製ビジネスフォン「UNIVERGE Aspire UX」をIPネットワークに接続し、Wi-Fiアクセスポイントを経由して電話機能をもたせることで、着信のピックアップや内線転送など、固定式の多機能電話機と同等の操作ができる。

 基盤となる電話機能に加えて、オプション製品を追加することで、ビジネスシステムとの融合も予定。「電話帳」から電話するだけでなく、「在席状況」を確認したうえで「メール」や「ビジネスチャット」に切り替えて連絡するなど、実践的なユニファイドコミュニケーションシステムの開発も予定している。さらに、OSK(宇佐美愼治社長)製の業務システム「SMILE BSシリーズ」やグループウェア「eValue NSシリーズ」との機能的な連携も検討し、大塚商会ならではソリューションを打ち出していく。

 税別価格は、iPhone1台につき8000円。大塚商会は、初年度1800本の販売を目標にしている。