エクセルソフト(名取弘人代表取締役)は、10月29日、インテルコーポレーションが提供する組込み/モバイルシステム向け開発ツールスイートの最新バージョン「インテル System Studio 2015」を発売した。

 「インテル System Studio」は、組込み/モバイル機器向けに、次世代のすぐれた電力効率、ハイパフォーマンスと信頼性もつソフトウェアの開発を支援するツールスイート。「インテル System Studio」とインテル Atomプロセッサ、インテル Coreプロセッサ・ファミリー、インテル Xeonプロセッサ、インテル Quarkプロセッサ・プラットフォームを組み合わせることで、幅広い市場に高度な組込み/モバイル・プラットフォームのソリューションを提供できる。

 最新バージョンは、最新インテルプロセッサのサポートやさまざまな機能を追加。「Composer」「Professional」「Ultimate」の三つのエディションを用意し、顧客が必要とする機能に適した製品を選択できる。また、Windowsをターゲットとする製品もラインアップに加え、Android 64ビットにも対応している。

 なお、インテルソフトウェア開発製品の代理店、フラットーク(樫平扶代表取締役)は、「インテル System Studio 2015 Ultimate Edition」に付属する「インテル System Debugger」をサポートする「インテル ITP-XDP3 JTAG」と、「インテル System Studio 2015 Ultimate Edition」をバンドルして販売する。

 税別価格は、「インテル System Studio 2015 Composer Edition for Linux」が10万9000円、「インテル System Studio 2015 Composer Edition for Windows」が10万9000円、「インテル System Studio 2015 Professional Edition for Linux」が25万7000円、「インテル System Studio 2015 Professional Edition for Windows」が25万7000円、「インテル System Studio 2015 Ultimate Edition for Linux」が37万4000円。