ネットワンシステムズ(吉野孝行社長)は、NTTネオメイト(上原一郎社長)と協業し、NTTネオメイトのクラウド型仮想デスクトップサービス「AQStage 仮想デスクトップ スタンダードプラン」を、12月1日に発売する。

 「AQStage 仮想デスクトップ スタンダードプラン」は、3万5000台以上の豊富な実績と信頼性がある月額制のクラウド型仮想デスクトップサービスで、小規模から簡単に導入し、効果に応じて全社規模へと拡張することができる。これによって、顧客は従来ネットワンシステムズが提供してきたオンプレミス(自社所有)型の仮想デスクトップに加えて、クラウド型サービスも新たに選択できるようになる。主な販売対象は、中規模から大規模企業、官公庁・自治体。

 ネットワンシステムズでは「AQStage 仮想デスクトップ スタンダードプラン」の販売に加えて、自社ソリューションのビデオ会議・ウェブ会議・他社員の応答可能状況(プレゼンス)の確認・チャット・資料共有などを実現するコラボレーションシステムも提供する。また、サービスの導入を検討する顧客には、試用アカウントを用意し、手軽にサービスの使い勝手や自社環境への適応の確認ができるようにした。

 「AQStage 仮想デスクトップ スタンダード」の税別価格は、1台あたり月額5000円から。