レノボ・エンタープライズ・ソリューションズ(ロードリック・ラピン社長)は、2月25日、クラウド・サービス・プロバイダ(CSP)とマネージド・サービス・プロバイダ(MSP)に向けた初のパートナープログラム「Lenovo サービス・プロバイダー・プログラム」を発表した。

 「Lenovo サービス・プロバイダー・プログラム」は、サービスプロバイダに対して競争力のある価格、コストを抑えフレキシブルに保守を選択できる90日保証モデル、多様な製品ポートフォリオからニーズに最も見合うITインフラを選択できる機能などを提供するもの。

 プログラムに登録したサービスプロバイダは、サーバー1台からでも、プログラム登録者価格でシステムを購入することができる。System xサーバーに搭載される最新のテクノロジーを活用し、導入コストを抑えることで、これまでより優位なサービスを提供することが可能となる。

 また、コストを抑えフレキシブルに保守を選択できる90日保証モデルなどを提供する。サービスプロバイダのITインフラに最適な特別モデルやオプション製品、サービスを活用することができる。さらに、サービス導入を促進して収益を生むまでの時間(Time-to-Revenue)を短縮する手段を提案する。これにより、ITインフラの迅速な配備が可能となる。