インテック(日下茂樹社長)は、インドネシアのSIerであるPT.Bisnis Integrasi Global(ビズニス インテグラシ グローバル、Bambang Rudijanto Tanoesoedibjo代表)と業務提携する。今後、両者は共同でSIサービスを提供。インテックにとっては、初のインドネシア進出となる。

 ビズニス インテグラシ グローバルは、インドネシアの大手医薬品卸企業であるPT. Dos Ni Roha(ドス ニ ロハ)のIT部門分社化に伴って、2013年に設立したSIer。物流系業務のソリューション導入で豊富な実績を有する。

 業務提携の第一弾として、共同でインテックのクラウド型EDIソリューション「EINS/EDI-Hub Nex」の営業活動を行う。ビズニス インテグラシ グローバルのリソースやノウハウを活用することで、インテックは現地の日系企業だけでなく、外資系企業やローカル企業の顧客開拓も狙う。

 インテックは、ビズニス インテグラシ グローバルに駐在員を配置。2020年までにインドネシアで売上高10億円の達成を目指す。