ネットジャパン(蒋冠成社長)は、GUIを刷新したバックアップ/リカバリソリューションの新バージョン「ActiveImage Protector 2016」を企業向けに、「ActiveImage Protector 4」を個人向けに1月14日に発売した。

 新バージョンでは、新規のGUIを採用し、バックアップ/リストアやイメージファイルの操作性を前バージョンに比べて大幅に向上。また、複数のバックアップイメージファイルを一括で管理できる「ImageCenter」と、イメージファイルを仮想マシンとして直接起動できる「ImageBoot」を製品に同梱した。

 さらに、オフピーク時に時間がかかる処理を振り分けるなど柔軟な構成ができる「マルチスケジュール作成」を追加し、システム管理者がより効率的にバックアップスケジュールを管理できるようになった。

 企業向けActiveImage Protector 2016のEditionは、仮想環境向けの「Virtual Edition」、物理環境向けの「Server Edition」、「Desktop Edition」、「Linux Edition」、クラスタ環境向けの「Cluster Edition」、NEC ftサーバー向けの「for Express5800/ftサーバ」、「for Express5800/ft Virtual」、NEC CLUSTERPRO向けの「for CLUSTERPRO Windows」、「for CLUSTERPRO Linux」の9製品で、順次リリースする。また、個人向けにはActiveImage Protector 4を同時にリリースする。