ネットジャパン(蒋冠成代表取締役)は、Linuxサーバー用ディザスタリカバリソリューションの新バージョン「ActiveImage Protector 2016 Linux Edition」の出荷を2月10日に開始した。

ActiveImage Protector 2016 Linux Edition

 「ActiveImage Protector Linux Edition」は、グラフィカルユーザーインターフェース(GUI)を実装したセクターバックアップ/ディザスタリカバリソリューション。重複排除機能や増分バックアップ機能を搭載することで、バックアップ作業の効率化とバックアップ時間の短縮、バックアップ容量の大幅削減を実現する。新バージョンでは、Red Hat Enterprise Linux(RHEL)7.2とCentOS 7.2に対応し、ブロックベースでのXFSボリュームのスマートセクターバックアップが可能となった。

 また、一つのバックアップタスクに対して複数のスケジュールを作成できるマルチスケジュール作成機能を搭載。複数のイメージファイルから柔軟なボリュームレイアウトでリストアができるマルチソースイメージ、マルチターゲットリストアに対応し、アップデート通知やオンラインアップデート機能も備えている。

 このほか、イメージファイルの管理ツール「ImageCenter LE」、イメージファイルを仮想マシンとして即時起動できる「ImageBoot」、即時災害復旧ソリューションの「vStandby AIP」に対応している。

 税別価格は、1-4ライセンスが10万8000円/ライセンス、5-9ライセンスが10万1700円/ライセンス。価格には1年間のサポートサービスの費用が含まれ、メディアキットは別売りとなる。同社では、今後1年間で1億円の売り上げを見込んでいる。