ITホールディングスグループのTIS(桑野徹会長兼社長)は2月19日、コグニティブ・テクノロジー「IBM Watson」の「テクノロジーパートナー」に選定されたと発表した。

 同プログラムは、Watsonのマスターディストリビュータであるソフトバンクと、開発元の日本IBMが共同で展開している「IBM Watsonエコシステムプログラム」によるもので、TISのAI(人工知能)関連ビジネスに対する意欲的な取り組みが評価され、選定に至った。

 TISは、「機械学習」や「自然言語処理」といったAI技術の検証・開発や関連技術を用いた商材開発を意欲的に進めており、大学とのAI研究の産学連携にも取り組んでいる。昨年末のIBM Watson日本語ベータ版APIを使った「IBM Watson日本語版ハッカソン」では、TISの「Re:Gene ~危機発生時のベストプラクティスとなる、次世代型ワークフロー」がソフトバンク賞も受賞している。

 また、同時にソフトバンクの「Pepperパートナープログラム」の「ロボアプリパートナー」にも認定された。

 TISでは、金融業や製造業などをターゲットに、「Pepper」や「Watson」をはじめとするAI/ロボティクス技術と、既存のビッグデータ/IoT技術を組み合わせていくことで、同領域におけるビジネス拡大に弾みをつける考えだ。