マジックソフトウェア・ジャパン(マジックソフト、佐藤敏雄社長)は4月19日、ミック経済研究所が発刊した「次世代型 超高速開発ツールの市場動向 2016年版」で、超高速開発ツール「Magic xpa」が設計・実行エンジン型ツール(ノンプログラミングPaaS除く)カテゴリの販売実績でトップシェアを獲得したと発表した。

 今回の結果についてレポートでは、「導入実績の多さ、それに伴う品質・信頼性、全国規模のパートナー支援体制に裏打ちされた結果である」と解説している。

 マジックソフトでは、全国800社以上のパートナーを通じてMagic xpaを販売しており、35万社以上の企業がMagic xpaで開発された業務アプリケーションを利用しているという。また、Magic xpaは300種以上の業務パッケージソフトウェアの開発基盤として20年以上利用されており、このことはMagic製品の品質・信頼性、過去のアプリケーション資産の継承性の高さを証明するものとなっている。