NTTデータ イントラマート(イントラマート、中山義人社長)は4月27日、顧客ニーズにより適した業務プロセスの提案に向けて、4月からコンサルティングパートナー制度を新設したと発表した。

 イントラマートでは、ウェブシステム構築のための商用フレームワーク製品「intraーmart」を販売展開するセールスパートナー(intraーmart Sales Partner)と、短納期開発のニーズにスピーディ・高生産性で応える開発パートナー(intraーmart Development Partner)の二つの制度を設けている。

 今回、コンサルティングパートナー制度を新設し、特定業務に豊富なノウハウをもつコンサルタントを組織化することで、より顧客のニーズに合った業務プロセスの提案が可能となる。すでに、製造業の生産管理・原価管理で実績の高いアムイ、BPM開発・BPO運用のノウハウをもつPLCパートナーズ、方法論を中核にコンサルティング・人材育成事業を担うアイ・ティ・イノベーションの3社と契約を締結している。同社では、今年度で約10社との締結を目指し、幅広い業種・業界でのintraーmartの拡販に注力していく方針。