ラリタン・ジャパン(ラリタン)は5月9日、コロケーション施設などさまざまなデータセンターの電気容量や電力使用状況をリアルタイムで表示する「分岐回路モニタリング(BCM)システム」を発表した。

 BCMシステムは、パネル・分電盤、フロアPDU、リモート電力パネル(RPP)、またはオーバーヘッドバスダクト・電力幹線システムの分岐回路をリアルタイムにモニタリングすることが可能。IT装置ラックから上流の電力消費を監視するために、ラリタンの第3世代インテリジェントラックPDUと同じ技術を活用している。

 パワーチェーン全体の可視化では、例えばある回路の電流がブレーカーの限界に近づいている場合、連鎖的なトラブルを防止できるよう、BCMがスタッフにアラートを送信する。また、BCMはモジュール型を採用しているため、必要に応じて拡張することができ、すぐれた費用対効果を実現する。

 コロケーションデータセンターに関しては、ユーザーが利用している機器の電力量を可視化し、サービスレベル契約(SLA)を履行できるようにする。ISO/IECが定める+/- 0.5%というビリンググレードの精度で消費電力量(kWh)を測定し、電流(A)、電圧(V)、電力(kW)、消費電力量(kVA)、力率などのデータを収集する。ウェブベースのユーザーインターフェースによるリモートアクセスや、高解像度カラーディスプレイタブレット端末からのローカルアクセスも可能となっている。さらに、USBスティックでパネル一覧情報をアップロードするだけで簡単に設定できるため、手動入力のミスを防止できる。

 また、BCMシステムで収集された情報は、ビル管理システム(BMS)やデータセンターインフラ管理(DCIM)の電力モニタリングソフトウェアと共有することが可能。このほか、環境センサもサポートし、温度や湿度を監視する。

 価格はオープン。