東芝ソリューション(錦織弘信社長)は6月23日、官公庁・自治体向けの専用機能を強化したグループウェア「desknet's NEO.Gov LGWANクラウド」を、LGWAN-ASPのクラウドサービスとして6月30日に提供を開始すると発表した。

 「desknet's NEO.Gov」は、ネオジャパン(齋藤晶議社長)と東芝ソリューションが共同開発したグループウェア。使いやすいユーザーインターフェースをもち、標準の25機能に加えて、官公庁・自治体専用機能を備えている。これらの機能はカスタマイズなしで利用でき、“ネオツイ”などの新しいコミュニケーション方法も装備しているため、庁内コミュニケーションの活性化を促進することができる。

 今回、行政専用の閉域ネットワークであるLGWANで、官公庁・自治体向けに機能を最適化したdesknet's NEO.Govを、LGWAN-ASPのクラウドサービスとして提供する。オンプレミス版と比較してスピーディな利用開始が可能で、システムの管理コストも大幅に削減でき、顧客の規模や運用形態に合わせたグループウェアのサービスが利用可能となる。

 マルチテナント方式とシングルテナント方式の二つのサービス形態を用意。マルチテナントは、小規模から運用できる方式で、係や課レベルからスモールスタートで運用することができる。自治体規模や組織単位での運用を行う場合に最適となっている。シングルテナントは、中規模から大規模での運用に適した方式。専用のサーバーをLGWAN-ASPに構築して運用を行う。

 東芝ソリューションでは、desknet's NEO.Gov LGWANクラウドを全国の官公庁・自治体で活用できるよう、販売パートナー向けにも広く提供し、顧客からの要求の多い機能を順次追加リリースしていく。また、LGWAN-ASPでのeラーニングや各種業務のクラウドサービスも拡充していく予定。