ニフティは、クラウドサービス「ニフティクラウド」で、IoT化されたデバイスを管理する機能をクラウドサービスとして提供する「ニフティクラウド IoTデバイスハブ」のトライアルα版を6月29日に公開した。正式版は今秋提供する予定。

 ニフティクラウド IoTデバイスハブは、デバイスに組み込んでクラウドに接続するSDKと、クラウド接続された各デバイスを管理できる機能を提供するサービス。IoT化したいデバイスにSDKを組み込みクラウド側で認証することで、各デバイスやデバイスに紐づいた個々のユーザーを管理できる。また、別途開発したアプリケーションを用いて、認識したデバイスからオン/オフ情報や画像データなどのさまざまなデータを収集し、得られたデータをもとにデバイスを制御することが可能となる。

 これにより、企業はデバイスのIoT化にかかる多大なコストを削減して、本質的な価値の創造に集中できる。同社では、このサービスの提供を通じ、IoTに取り組む企業を継続的に支援していく考え。

 なお、同サービスはIoTサービスに必要な各種機能をクラウド上で提供する「ニフティクラウドIoTプラットフォーム」の一機能として提供するもの。このプラットフォームでは、今秋、ニフティクラウドIoT デバイスハブの正式版に加えて、データ可視化などの機能拡充を予定している。