理想科学工業(羽山明社長)は、高速デジタル印刷機「リソグラフ」の新製品として、2シリーズ6機種を10月17日から発売する。

201708221656_1.jpg
「RISOGRAPH MF935W」と「RISOGRAPH SF939G」

 ラインアップは、2ドラム内蔵のデジタル印刷機MEシリーズの後継機「RISOGRAPH MFシリーズ」4機種と、1ドラム内蔵のデジタル印刷機の上位モデルSEシリーズの後継機「RISOGRAPH SF939G/939」の2機種。

 ベースエンジンをリニューアルし、デザインも一新。デジタル印刷機の上位モデルとして、基本性能を進化させ、画像品質と使いやすさを向上させた。環境への配慮とインク品質を向上する米ぬか油を使用したライスインクは、昨年のモデルでは黒色のみだったが、カラーインク全22色に展開する。

 2ドラム内蔵の「RISOGRAPH MFシリーズ」の最上位モデル「MF 935W」は、2色プリントに加えて、A3サイズまでの高速両面プリントが可能。カラーの紙原稿からの2色分版機能を強化した。カラースキャナを搭載し、原稿の色を読み取ることができるため、精度の高い分版ができる。

 1ドラム内蔵の「RISOGRAPH SF939G/939」は、高速プリントモードを搭載。安定した高速搬送技術で、毎分最高190枚と業界最速のプリントスピードを実現。最上位モデル「SF939G」は、従来オプションだった両面原稿に対応した複数枚の原稿をスピーディに読み込む「原稿自動送り装置」、用紙サイズに合わせてフェンスを自動調整する「オートフェンス排紙台」、読み込んだ原稿にタッチパネル上でさまざまな編集を加えることができる「ソフトデジタイザ」を標準で搭載する。

 税別価格は、「RISOGRAPH MFシリーズ」でA3サイズ対応の「MF935W」が225万円、「MF935」が190万円、「MF635」が165万円、B4サイズ対応の「MF625」が143万円。「RISOGRAPH SF939G/939」でA3サイズ対応の「SF939G」が204万円、「SF939」が175万円。