理想科学工業(羽山明社長)は、10月13日、デジタル印刷機の新製品「RISOGRAPH SDシリーズ」5機種を、10月28日に発売すると発表した。

 「RISOGRAPH SDシリーズ」は、全機種に高速プリントモードを搭載。毎分最高180枚の高速プリントが可能(ハイスピード設定時)で、会議資料、教材、チラシなど大量の印刷物も短時間で処理できる。上位モデルの「RISOGRAPH SD6680F」と「RISOGRAPH SD6680」 は600dpiの高解像度で、密度の高い和紙を使用した高画質マスターとの組み合わせにより、細かな文字や滑らかな階調表現が可能となっている。

 また、USBメモリに保存した原稿データを直接出力できる。ネットワークが構築されていない環境や、パソコンと直接接続できない場所でも、紙原稿ではなくデータ原稿から出力でき、画像の細部までシャープに再現した印刷物を作成することができる。

 税別価格は、A3サイズ対応の「RISOGRAPH SD6680F」が200万円、「RISOGRAPH SD6680」が175万円、「RISOGRAPH SD5680F」が175万円、「RISOGRAPH SD5680」が150万円。B4サイズ対応の「RISOGRAPH SD5480」が129万5000円。シリーズ合計で年間2000台の販売を目標とする。