ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン(ウォッチガード、根岸正人社長)は1月10日、セキュリティアプライアンス「Firebox T Series」の新モデルとして「T15」「T35」「T55」を発表した。

 今回の新モデルは、パフォーマンスを大幅に向上。T35では、現行のT30と比較してUTMパフォーマンスが2倍、T55では、現行のT50と比較してUTMパフォーマンスが3.1倍という大幅なスループットの向上を実現している。中小企業やホームオフィス、または分散拠点を対象に、高速インターネットと高度なエンタープライズグレードのセキュリティ対策を提供する。

 また、T35とT55は、無線LAN機能を内蔵し802.11acに対応。無線LANトラフィックのインスペクションを最適なパフォーマンスで実施することを可能とした。さらに、PoE Plusポートを備えており、監視カメラや無線LANアクセスポイントなどの周辺機器に給電が可能なため、ネットワークを容易に拡張することができる。