VAIO(吉田秀俊代表取締役)は6月18日、「VAIO S13」と「VAIO Pro PG」に搭載しているLTEモジュールが、周波数免許不要で使用できる1.9GHz帯LTE(sXGP)に対応するものとして、電波法と電気通信事業法が定める認定を取得したと発表した。

 sXGPの通信方式は、2017年10月1日に効力を発した電波法改正により、総務省が周波数免許不要でLTEを使用できる周波数を開放したもの。同社は、17年9月発売モデルのモバイルパソコンに幅広い周波数帯に対応するLTEモジュールを選定していたため、今回の認定につながった。認定にあたっては、このLTEモジュールのメーカーであるTelit Wireless Solutionsから協力を得ている。

 VAIOでは、sXGPの通信方式をWi-Fiの代替としてオフィスでの無線ネットワーク構築に利用し、VAIO PCとともに用いることで、LTE技術によるセキュアで高品質な通信、カバーエリアの広い基地局を生かした低コストな広域ネットワークを実現していく考え。

 なお、「VAIO S11」と「VAIO Pro PF」も、同通信方式に対応したモジュールを搭載しており、これら2モデルについても認定取得に向けて検討を進めている。