ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン(ウォッチガード、谷口忠彦社長)は8月8日、同社のUnified Security Platformアプライアンス「Firebox」に搭載しているオペレーティングシステムの最新バージョン「Fireware 12.2」を発表した。

 今回のアップデートでは、新たなアンチウイルススキャンサービス「IntelligentAV」を追加した。IntelligentAVは、AI(人工知能)によるスキャンエンジンによって、常に進化するゼロデイマルウェアを予測、検知、そして防御を実現する。この機能により、すでにFireboxプラットフォームで利用可能なThreat Detection and Response(TDR:相関分析、優先順位付け、レスポンス)、Gateway AntiVirus、APT Blocker(標的型攻撃対策)などの先進技術に加え、多層防御機能をさらに強化する。

 また、IntelligentAVは、Cylanceの機械学習技術を活用したマルウェア検知エンジンを使用しており、最新の脅威インテリジェンスやシグニチャデータベースを必要とせずに、今後出現し得るマルウェアサンプルを正確に予測し、検知することができる。例えば、独立系調査会社であるSE Labsが実施したテストでは、15年バージョンのAI検知エンジンを使用して、公に拡散する33か月前の主要な脅威を正確に特定し、防御したという。結果として、IntelligentAVはシグニチャに依存せずにマルウェアを継続的に検知し、防御することが可能であることが証明された。

 なお、IntelligentAVは、WatchGuard Total Security Suiteライセンスで利用可能となっており、「Firebox M270」以上の上位機種と、クラウドや仮想アプライアンスを利用しているユーザーは、追加費用なしにすぐに利用できる。