NTTテクノクロス(串間和彦社長)は10月1日、不特定多数の振込先へリアルタイム送金を実現する「BankingGate for ANSER-CLA」をバージョンアップし、10月9日から実施予定の全銀システム稼働時間拡大サービスに対応すると発表した。

  今回のバージョンアップにより、従来は翌営業日の取り扱いとなっていた平日夜間と土日祝日の時間帯での他行向け取引でも、リアルタイム送金が可能となった。これによって、受付が15時までという制限がなくなり、経理部門などの業務フローについても大きな改善が見込まれる。

 また、バージョンアップに伴い、振込元金融機関を複数設定できるように機能追加を行った。振込先に応じた振込元金融機関が選択できるようになるため、振込手数料の削減を図ることができる。一方の銀行が稼働不能となった場合でも、事業継続が可能となる。さらに、振込元金融機関として新たに「ゆうちょ銀行」に対応した。これは、ANSER-CLAに接続する製品としては初めてとなる。