理経(猪坂哲社長)は11月28日、映像解析ソリューションカンパニーのフューチャースタンダード(鳥海哲史代表取締役)とともに、東急テクノシステム(村田和夫社長)が11月24日から2019年5月末日(予定)まで東急池上線雪が谷大塚1号踏切で行う、踏切の安全性向上を目的としたAIを用いた「踏切映像伝送システム」の実証実験に協力すると発表した。


 この実証実験のシステムでは、踏切に設置された監視カメラの映像から踏切内の異常をAIを用いた映像解析プラットフォーム「SCORER」で検知し、付近を走行中の電車の運転士や運行管理者などに、警告とともに映像を2秒以内に伝送することを目標としている。

 理経は、ソリューションベンダーとして、踏切監視カメラと映像伝送技術、AI技術を組み合わせた同システムの実証実験に協力し、さらに安心で安全なインフラの追求に貢献していく考え。