日本マイクロソフトは7月3日、平野拓也社長が8月31日付で退任することを発表した。経営体制の変更による人事で、新しい経営体制については別途発表するとしている。後任は発表されていない。

日本マイクロソフトの平野拓也社長(週刊BCNのインタビュー取材で2018年8月撮影)

 9月1日付で、米マイクロソフト コーポレーションのOne Microsoft Partner Groupバイスプレジデント グローバル システム インテグレーター ビジネス担当に就任する予定。同日に日本マイクロソフトの特別顧問にも就任する。9月1日の新役職就任後はマイクロソフト米国本社が拠点となる。


 平野社長は1970年、北海道出身。95年に米国ブリガムヤング大学を卒業後、Kanematsu USAに入社。98年にハイペリオンに入社し、01年に社長就任。05年8月にマイクロソフトにビジネス&マーケティング部門シニアディレクターとして入社し、エンタープライズ畑を歩んできた。07年7月に執行役常務エンタープライズサービス担当、14年7月に日本マイクロソフト執行役専務マーケティング&オペレーションズ担当、15年3月に代表執行役副社長、15年7月に取締役代表執行役社長、16年7月に代表取締役社長に就任した。日本マイクロソフトの社長を3年間務めた。