富士通は、AI技術「FUJITSU Human Centric AI Zinrai」を活用し、高い精度で瞬時に自動で記事の要約や顔写真の背景を着色できる無償のトライアルサイトを、メディアをはじめとする企業向けに7月8日に公開した。

生成型要約機能による要約イメージ

 自動記事要約システムは、記事全文から重要度の高い文章をAIが判定して180文字以内で抜粋する「重要文抽出」、AIが単語の生成確率などに基づいて単語の結合や長い表現を言い換えることで54文字以内の文章に要約できる「生成型要約」と2種類の機能を搭載している。ユーザー企業は登録後、90日間限定で使えるようになる。

 富士通では、トライアルを経て2019年度下期に本格的な提供を予定している。