IoT・AIソリューションカンパニーのエコモット(入澤拓也代表取締役)は、GPSボタン「POLARIS」をソラコムと東京センチュリーがオープンしたIoTサブスクリプション・マーケットプレイス「IoT SELECTION connected with SORACOM」を通じて9月2日から提供すると発表した。

みまもりGPSボタンサービス「POLARIS」

 POLARISは、エコモットが提供するハンディ位置情報デバイス「HLP-200」とソラコムが提供するLTE-Mデータ通信「Air SIM「plan-KM1」を組み合わせ、人やモノの位置情報を把握することのできるサービス。ウェブアプリケーションとの連携により人やモノの位置を可視化でき、本体に配置されたボタンによる緊急通報や任意の位置情報送信ができる。

 HLP-200は小型、軽量ながら長時間バッテリーを搭載。本体に搭載したボタンは、緊急通報や任意の位置情報送信など、能動的アクションを割り当てることで、デバイスの状態を視覚的に示すLEDインジケータの点灯と組み合わせてさまざまなサービスへの応用ができる。
HLP-200

 今回、「IoT SELECTION connected with SORACOM」を通じで提供することにより、利用申し込みや契約などを一本化でき、全ての手続きがウェブサイトで完結する。利用した分だけ月額費用が発生するサブスクリプションでの提供により、利用期間の制限がない。

 価格は初期費用が7000円、デバイス10台、ユーザーライセンス1の月額費用は1万円。