サイオステクノロジー(喜多伸夫社長)は12月2日、12月1日付で実施した組織改編について発表した。

 今回の組織改編では、「新規ビジネス推進本部」の名称を「コンテナ・プラットフォーム事業部」に変更し、同事業部配下に「コンテナ・プラットフォーム事業企画部」と「コンテナ・プラットフォーム営業部」を新設した。

 コンテナ・プラットフォーム事業部の責任者には、山崎靖之氏(取締役専務執行役員、エシカル事業部長/コンテナ・プラットフォーム事業部担当執行役員)と、面和毅氏(執行役員シニア・アーキテクト/コンテナ・プラットフォーム事業部長兼技術部長)が就任した。

 多くの日本企業が自社データセンターの利用を減らし、外部のクラウドサービスなどを利用するようになる中で、アプリケーションの開発、実行のためのプラットフォームとしてコンテナへの注目が高まっている。米国ではすでにコンテナ関連ビジネスの普及が進んでいるが、日本でも今後数年の間に発展していくといわれている。そこで注力していくべき分野と判断し、今後のサイオステクノロジーのビジネスの柱の一つとしていくため今回、専任組織を立ち上げることとした。

 コンテナ・プラットフォーム事業部では、KubernetesやOpenShiftなどに代表されるコンテナ技術の深耕を図る。また、マルチクラウドに適用可能な技術によるビジネスを推進していく。