キヤノンメディカルシステムズは2月25日、日本医療研究開発機構(AMED)の「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の診断法開発に資する研究」の「迅速診断キットの基盤的研究開発」に参画し、新型コロナウイルス遺伝子検査システムの開発を開始したと発表した。


 開発する新型コロナウイルスRNA検出試薬は、栄研化学が開発したLAMP法を原理とし、キヤノンメディカルシステムズが提供する小型等温増幅蛍光検出装置で検出する。従来法(リアルタイムPCR法)に比べて簡便かつ短時間で検出できることが特徴で、現場近くでの検査により適しているという。

 キヤノンメディカルシステムズは「東京五輪・パラリンピックの開催を控え、国を挙げての新型コロナウイルス感染症対策が進められる中、遺伝子検査システムの研究成果の速やかな実用化により、社会の安心・安全に貢献することを目指す」としている。