クボタ(北尾裕一代表取締役社長)と米マイクロソフト(サティア・ナデラCEO)は3月17日、クボタのデジタルトランスフォーメーション(DX)の推進に向けて、戦略的な提携を行うと発表した。クボタのITインフラやSAPなどの基幹システムを、クラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」に移行すると同時に、AIなどを活用した新しいソリューションの提供を目指す。

IoT化した農業機械とAIを使って農業のIT化を一層推進

 基幹システムをマイクロソフトのクラウドに移行することで、先端技術の利用を容易にし、データ活用の規模や柔軟性を拡大。業務合理化と統合されたデータをグローバルで活用することを加速する。

 AIの活用については、両社で「AI Machine Learning Labプロジェクト」を立ち上げた。AIを活用した新しいソリューションも開発し、食料や水、環境の事業分野で展開する方針。例えば、農産物の品質向上や収穫の最大化を図るため、IoT化した農業機械などから得られるセンサー情報をAIで処理することで、より効率的な農業のIT化を進めるソリューション提供などを目指す。