アズジェント(杉本隆洋社長)は4月22日、同社が販売するKaramba Security(本社・イスラエル)のコネクテッドカー・IoT機器向けセキュリティソリューション「Karamba XGuard」がバージョンアップし、新たにハイパーバイザーとコンテナ(Dockerなど)アプリケーションに対応したと発表した。

 XGuardは、コネクテッドカーやIoTエッジデバイスへのサイバー攻撃を防ぐオートノマスセキュリティ製品。最新バージョンの「XGuard2.0」では、新たにハイパーバイザーに対応することで、ハイパーバイザー上で実行されるドメインコントローラーを保護することが可能となった。XGuardのCFI(コントロールフローインテグリティ)とバイナリホワイトリストをハイパーバイザーに追加することで、ゲストアプリケーションとホスト間、ゲストアプリケーション間の通信を保護する。また、さまざまなLinuxベースのコンテナ内のアプリケーションもサポートした。

 これにより、XGuardはホスト、コンテナインフラストラクチャー、ゲストアプリケーションなどハイパーバイザーインフラストラクチャー全体の保護をすることが可能となった。さらに、それらがシームレスに追加されるため、開発者の手を煩わすことなく利用できる。

 また、Karambaは、SYSGOのリアルタイムOSであるPikeOSへのアウトオブザボックスインテグレーションも発表している。PikeOSの顧客は、オプション機能を選択することで、インメモリ攻撃からアプリケーションを防御できるようになった。