三井情報は、沖縄電力にプラントデータ収集分析システム基盤(IoT基盤)を提供した。このIoT基盤は、沖縄電力が運用する沖縄県内3カ所の火力発電所にあるプラントデータを収集分析するための基盤で、今年2月に一部を除き導入が完了した。

PI System

 沖縄電力では、中期経営目標の達成に向けた戦略推進タスクフォースで「攻めの効率化・基盤整備」を掲げ、発電所の運転状態の可視化やデータ分析などを支援するIoT基盤の導入を検討していた。

 今回導入したIoT基盤は、沖縄県内の吉の浦・金武・具志川にある火力発電所がもつプラントデータの収集分析に利用するもの。OSIsoftのIoTデータ管理ソフト「PI System(パイシステム)」を導入する前段として、沖縄電力ではデータを収集するためのネットワーク環境とデータ分析用のサーバー群が求められていた。そこで、三井情報は沖縄電力の要求仕様を満たす合理的でセキュアなネットワーク環境と費用を提案した結果、このIoT基盤の構築業者として選定された。

 三井情報は、2017年にOSIsoftと契約してから製造業や電力会社に対してPI Systemを構築し、工場やプラントが保有するIoTデータの可視化と分析を支援しながら実績を積み重ねてきた。